事例紹介

守秘義務があるため詳しくはご紹介できかねますが、 当法律事務所で実際にあったケースをご紹介。

遺産相続・遺言

遺産相続について

1 兄弟のうち長兄だけが遺産を独占したが、調停で、他の兄弟も一定の金銭の支払いを得た。

 

2 大分以前に相続は遺産分割協議で解決していたとされていた案件であった。相続人の1人である母親に、遺産分割協議に加われるような判断能力がないことを証明し、遺産分割協議の無効が確認された。遺産分割協議をゼロからやり直し、依頼者に法定相続分をきちんと得させることができた。

 

3 他の相続人とは疎遠で、住所もはっきりわからない案件であった。相続人を調査するところから始め、それまで依頼者が被相続人の面倒を見てきて、財産も管理してきたことから、依頼者の寄与を認めさせる遺産分割協議をまとめるところまでを、すべて解決した。

 

4 1人だけ母が違う相続人が、こちらに敵意を示していたのを、交渉により合意を取り付け、遺産である不動産を売却できる状態まで持っていった。

個人のお客様
法人のお客様
面談のご予約はお電話より承ります
053-450-4250
初回相談料 30分 5,500円(税込)
【受付】9:00~17:30 【定休日】日曜・祝日 / 土曜は予約によります