事例紹介

守秘義務があるため詳しくはご紹介できかねますが、 当法律事務所で実際にあったケースをご紹介。

労働問題

退職金を全額支払ってもらえた事例

退職金規程により算定される退職金があったが、元勤務先が、懲戒処分もないのに、恣意的な理由で、退職金を大幅に減額した。交渉により、そのような減額は根拠がないことをきちんと主張し、退職金全額の支払を得ることができた。

労働問題

不当な昇進の遅れに対応した案件

介護休暇を以前に取ったこと、異動について配慮を受けたことなどで、降格がされ、昇進が遅れていた。会社は、本人の人事評価の結果を提出し、昇進の程度は相当だと主張したが、本人の不利益が大きいことを認めさせ、在職のまま損害賠償を勝ち取った。

個人のお客様
法人のお客様
面談のご予約はお電話より承ります
053-450-4250
初回相談料 30分 5,500円(税込)
【受付】9:00~17:30 【定休日】日曜・祝日 / 土曜は予約によります