事例紹介

守秘義務があるため詳しくはご紹介できかねますが、 当法律事務所で実際にあったケースをご紹介。

離婚・男女問題

不当な婚約破棄に対応した例

婚約していたのに、男性の浮気で破棄される羽目に。男性には裁判で慰謝料を請求。男性は婚約していたことすら認めなかったが、判決では婚約していたことが認められ、相当な慰謝料を得ることができた。浮気相手の女性とは、弁護士を通しての交渉で、これも一定の解決金を得た。

 

離婚・男女問題

不貞行為の慰謝料を請求された件について

男性のお客様で、女性の夫から、慰謝料を請求された。しかし、男性は、相手の女性とは真剣な交際のつもりであり、夫とはもう別居状態で、離婚すると聞いていたから交際したのであった。

女性に問題があると考え、利害関係人として女性を引き込んだ解決をし、適正な範囲の支払額にとどめた。

離婚・男女問題

子どもの養育費について

調停離婚したのに払ってくれなくなった養育費を、元夫の給与を差し押さえてもらって、滞納分をまとめて受け取ることができた。

離婚・男女問題

浮気に関する慰謝料

交渉段階では不貞行為を認めなかった、妻の浮気相手に対し、訴訟を提起して慰謝料を請求した。こちらには現場写真があったので、相手も不貞行為自体は認めたが、夫婦関係の破綻を主張して、慰謝料の発生を争ってきた。しかし、結局、ほどほどの解決で慰謝料を得ることができた。探偵の費用も一部考慮された。

 

離婚・男女問題

子どもの面会について

夫から子どもとの面会交流を求められていたが、これを条件にすることなく離婚にこぎ着けた。

個人のお客様
法人のお客様
面談のご予約はお電話より承ります
053-450-4250
初回相談料 30分 5,500円(税込)
【受付】9:00~17:30 【定休日】日曜・祝日 / 土曜は予約によります